みちのく銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

みちのく銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

みちのく銀行は、青森県青森市勝田に本店がある地方銀行で、かつて存在していた青和銀行が存続行になり、弘前相互銀行を合併した事で誕生した地方銀行です。
相互銀行は現在では第二地方銀行に分類が行われている金融機関で、地方銀行は第一地方銀行に分類されています。
そのため、国内初とも言える、地方銀行と相互銀行が合併して誕生した銀行などと言われていますし、ひらがな表記の銀行についても日本初と言われています。
尚、みちのく銀行には、住宅ローンやリフォームローン、目的別ローン、フリーローンやカードローンが用意してあり、カードローンやフリーローンにはWebローンもあるのが特徴です。
Webローンは、みちのく銀行の普通預金口座や普通預金キャッシュカードを持っている人が申し込み対象となるローン商品で、フリーローンとカードローンのいずれかを選んで申し込みが出来ます。
みちのく銀行に普通預金口座や普通預金キャッシュカードがない場合でも、フリーローン「即談即決」や、スーパーフリーローン、おまとめローン「らくらく応援隊」などを利用する事が出来ますし、カードローンの申し込みは可能です。
みちのく銀行のカードローンは、本支店所在地周辺でもある、青森県や北海道、秋田県、岩手県、宮城県内に住んでいるもしくは勤務先が対象エリア内にある人が申し込み対処者になります。
みちのく銀行の審査基準を満たすと同時に、保証会社でもある株式会社オリエントコーポレーションの保証を受ける事が出来るなどの条件を満たす必要があります。
株式会社オリエントコーポレーションは、個品割賦事業を始め、カードや融資事業、銀行保証事業を主な事業目的を持つ企業です。
尚、ブラックお金借りる、などの場合はブラック情報が記録されている個人信用情報がどこの信用情報機関のものであるのかに応じて審査に通過出来るか否かが決まる事もあります。
現在、日本の信用情報機関は3社があります。
割賦販売法や貸金業法に基づき加入を行う指定信用情報機関は株式会社CIC(シー・アイ・シー)です。
クレジットカード会社などが加盟を行うのが、株式会社日本信用情報機構(JICC)、そして銀行や信用金庫などの金融機関が加盟登録を行うのが全国銀行個人信用情報センターなどに分けられています。
但し、会社によっては3社とも加盟を行っているケースもあります。
株式会社オリエントコーポレーションの場合は、3社の信用情報機関に加盟登録を行っているなどの特徴があります。
そのため、信用情報機関が管理を行っている個人信用情報の何れかに傷が付いていれば審査に通過が出来なくなるわけです。

しかしながら、ブラックの状態は生涯残るものはありません。
自動的に消滅するので、情報が消滅した段階で申し込みを行えば審査に通過する確率は高くなります。
ちなみに、みちのく銀行のカードローンは営業エリアの中に住んでいる人だけが申し込み出来るようになっているわけですが、利用限度額に応じて申し込みが出来る条件が変わります。
みちのく銀行のカードローンは、利用限度額が10万円から100万円までの場合は、申し込み時の年齢が満20歳以上、満64歳以下、安定した収入があればパートやアルバイト収入も対象になりますし、配偶者に安定収入を持つ専業主婦も申し込めるようになっています。
但し、パートやアルバイト、専業主婦の場合は利用限度額が最高10万円までになります。
さらに、利用限度額が200万円から最高額の500万円の場合は、申し込み時の年齢が満20歳以上、満59歳以下など、年齢の上限が下がっているのが特徴です。
安定した収入がある事が基本となりますが、こちらの利用限度額はパートやアルバイト、専業主婦は申し込み対象から外れています。
尚、お金の使い道は自由になりますが、事業資金以外での利用になります。
貸し付け金利は、一般的には固定金利を採用しているカードローンが多いのですが、みちのく銀行のカードローンの場合、10万円、30万円、50万円、100万円の4種類については固定金利になりますが、200万円〜500万円までの3種類については変動金利が採用されています。
変動金利になるので金利が低く抑えられているなど、200万円以上などの場合は年利4.7%(2017年10月時点)での融資を受ける事が出来ます。
みちのく銀行のカードローンの種類は1つのみになりますが、フリーローンは「即談即決」や「スーパーフリーローン」などの商品を用意していますし、他社の複数債務を1つにまとめる事が出来るおまとめローンも用意してあります。
申し込みが出来る人の条件はカードローンなどと同じような内容になっていますが、フリーローンの「即談即決」などの場合は、申し込み時の年齢が満20歳以上から最終返済時の年齢が満75歳以下などのように、年齢の上限が高くなっているのが特徴です。
カードローンでは30万円型などのように金額がある程度定めてありますが、フリーローンの場合は1万円単位での利用が出来るメリットがあります。