北海道銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

北海道銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

北海道銀行からは、ラピッドという借りやすいカードローンが提供されています。24時間ウェブで申し込みが可能で、来店不要なのがメリットです。北海道にある身近な銀行で借りられる安心感がありますが、ラピッドを利用してブラックお金借りる方法としては、かなり厳しい審査が待ち構えています。
ブラックは延滞の経験が多い人や、自己破産や個人再生、任意整理などの債務整理を行なった経験のある人が主に該当します。基本的に融資サービスは銀行系が厳しいとされていますので、北海道銀行のラピッドの場合、ブラックの立場では契約できない可能性が濃厚です。しかし、ブラックでも審査通過のコツを掴めば、北海道銀行の便利なカードローンを利用できるチャンスがあります。
コツは、ブラックの立場から脱却することです。ブラックでなくなれば、審査に通過する確率が高まるという単純な理由です。ブラックから脱却する方法ですが、立場によって難易度が違ってきます。
銀行のカードローンを利用できず、大手の消費者金融であれば借りられる立場なら、比較的難易度が低めです。大手の消費者金融は借りやすいとはいえ、きちんとした審査が行われます。勤続期間を増やす努力をしたり、希望借入額を控えめにするなど対策を行えば、やや難易度の高い銀行のカードローンであっても、契約できる可能性が高くなります。
審査でポイントになるのが、延滞状況です。過去に延滞をした経験がある人で、1回程度の延滞で、すぐに返済をしていれば、少し時間が経過すれば契約できるチャンスがあります。1回程度であればブラックと呼べるほど立場が悪い状態ではないため、それほど心配する必要はありません。2回連続で延滞すると、途端に立場が悪くなります。ラピッドの審査に通るのは極めて難しく、大手消費者金融でも契約が厳しくなるレベルです。ブラックに該当する立場ですが、この場合もしばらく時間が経過すれば審査に通りやすくなります。
延滞については個人信用情報機関に登録されています。この個人信用情報機関のデータを参考に、北海道銀行のラピッドの他、他行のカードローンや消費者金融などは審査を進めます。延滞の事実が発覚するのはこの段階です。延滞の情報は機関によって取り扱いが違いますが、短ければ1年、長ければ5年間は記録が残ります。
1回延滞してすぐに返した場合には、単純に返済日を忘れていたなどの理由があるため、確実ではありませんがラピッドの審査に通る可能性は高めです。しかし、2回連続の延滞は契約を守ることができない信用の低い人物だと見られますので、記録が残っている間はまず借りられないと判断したいところです。今現在記録が残っているのか知りたいなら、個人信用情報機関に情報の開示を求めればできます。記録が残っているなら1年以上は我慢するか、北海道銀行や大手の消費者金融よりも借りやすい、中小の消費者金融を狙うしかなくなります。
2回連続の延滞以上に厳しい立場になるのが、異動の記録が個人信用情報機関に記載されている人です。3回連続の延滞や、債務整理を行なった場合に異動の文字が記載されてしまいます。延滞による異動の場合には5年程度の記録が残されます。債務整理の内、任意整理の場合も同様です。しかし、個人再生や自己破産による債務整理だと、5年もしくは10年の間は記録が残ります。この記録が残っている期間は、ほぼ北海道銀行からお金を借りるのは無理です。大手の消費者金融はもちろんのこと、中小の消費者金融であってもごく一部の業者以外は借りられない確率が高くなります。審査を通過するには、5年もしくは10年が経過するまでじっと我慢するしかありません。また、その期間中に借りたお金をきちんと返済することも重要です。任意整理や個人再生では借金を返済する義務が消滅するわけではないため、約束通りに延滞なく返済する努力が必要です。
ちなみに、延滞や債務整理以外でも審査に通過しにくいブラックの人はいます。問題となるのが多重債務などで借金総額が多すぎる人です。収入に対して借金の金額が多すぎると、リスクの高い人物として警戒されてしまい、審査に通りにくくなります。この場合の審査に通るコツは、早めに借金を返すことです。臨時返済などを上手く活用して直ちに完済したり、借金の残高を大幅に減らすようにするのがおすすめです。
北海道銀行のカードローン、ラピッドの審査内容は、個人信用情報機関のデータだけではありません。在籍確認も審査の一環です。在籍確認がなければ職場の人にバレにくい、電話対応をしなくても良いと考えがちですが、必ず在籍確認を行いますので、無視せずに対応することが大事です。もし、在籍確認ができなければ、審査を通過するのが厳しくなります。
在籍確認は職場に電話をかけますが、北海道銀行のラピッドであれば、銀行名を出しません。担当者の個人名で連絡してくれますから、職場の人にバレる危険が少なめです。自宅に電話連絡をする場合も同様です。