佐賀銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

佐賀銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

佐賀銀行カードローンには、「Neoca」「スマートSabio」「クイックワン Super」「おきがるポケットカードローン」「フリーカードローン」の5種類があります。順番に紹介していきます。

 

佐賀銀行の代表的なカードローンとしては、「Neoca」「スマートSabio」の2つがあげられるでしょう。「Neoca」のほうは年齢条件が「満25歳以上、満55歳以下の方」と一般的なカードローンよりも厳しいです。また、勤続2年以上、前年度税込年収300万円以上という条件もつきます。「Neoca」は年利7.0%、住宅ローン借入中の方は年利5.8%というように非常に好条件となっているので、年収などの条件も厳しくなっているのでしょう。限度額は50万円以上500万円以内です。

 

 

スポンサードリンク

 

 

一般的なカードローンとしては、「スマートSabio」のほうになるでしょう。こちらは最高限度額500万円、金利6.8%〜14.6%となっていて、一般的な銀行カードローンと同水準です。パート・アルバイトの人でも申込みが可能です。

 

「クイックワン Super」は、満20歳以上59歳以下の方が申込みできます。59歳以下という条件はやや厳しいので注意をしておきましょう。20万円、30万円、50万円の3つのコースがあり、少額融資に対応しています。固定金利の9.0%となっていることは大きなメリットとなります。最高でも50万円までしか借りられず、金利は9.0%なので、お金を借りすぎてしまって返済困難になってしまうという可能性を減らすことができます。

 

「おきがるポケットカードローン」は満20歳以上65歳未満の個人の方が申込み可能です。限度額100万円以上を希望する場合には、勤続年数1年以上、年収200万円以上という条件がつきます。限度額100万円未満でよいのならパート・アルバイトの人でも申込みが可能です。限度額は10万円以上200万円以内となっており、金利は固定の14.6%となっています。限度額200万円でも金利が14.6%となってしまうのは、銀行カードローンとしては高めなので注意をしておきましょう。

 

「フリーカードローン」は満20歳以上65歳以下の給与所得者または個人事業主の方が対象です。給与所得者は勤続年数1年以上、自営業者は同一業を2年以上営業している方であり年収150万円以上という条件もつきます。30万円、50万円、100万円、150万円、200万円の5つのコースがあります。電話もしくはインターネットからの申込みの場合には、30万円と50万円のコースのいずれかとなります。金利は11.9%〜14.6%です。

 

スポンサードリンク

 

佐賀銀行カードローンの商品はこのようになっていますが、いずれもブラックリストにのっている人では厳しいと思われます。可能性はゼロではないものの、ブラックリストにのっている人はそれだけでも致命的な理由となるので、申込みをすることも避けたほうがよいでしょう。申込みをしてしまうと、過去に金融事故を起こしたということが銀行側に知られてしまうので、社内の履歴に残り、その後の審査にも影響してしまう可能性があります。

 

ブラックお金借りる場合、消費者金融が主な選択肢となるでしょう。消費者金融ならばブラックリストにのっているというだけで否決はされない可能性があります。金融機関によって対応は異なるので、インターネットの口コミなどを参考にしながら、ブラックでも借りられる可能性がある金融機関を選びましょう。

 

消費者金融でお金を借りる場合に重要になるのは、返済能力があるということです。過去に自己破産をしていても、それから3年程度が経過しており、現在は安定した収入を得ているという人ならば、可能性はあるでしょう。ブラック融資に対応している貸金業者でも、返済能力についてはそれなりに厳しい審査がされます。過去に金融事故を起こしているからこそ、慎重に返済能力があるかどうかをチェックされるのです。そして、過去に金融事故を起こしてはいるが、本人が反省しており、返済能力は十分にあると判断されたときに融資の決定がおりるでしょう。

 

ブラックリストにのってしまったとしても、ずっとその記録が残り続けるというわけではありません。任意整理をした場合なら、およそ5年が経過すればブラックリストからは解除されます。長期延滞をした場合なら、借金を完済してからおよそ5年です。

 

ブラックリストにのっている人は佐賀銀行カードローンの審査に通ることは難しいです。その間は消費者金融を利用してお金を借りて、ブラックリストから解除されてから、佐賀銀行カードローンへ申込みをするというのがおすすめです。ブラックリストから解除されても、すぐに銀行カードローンへ申込みをするのではなく、まずはクレジットカードを作成して良好なクレジットヒストリーを築くようにするとなお良いです。信用情報が真っ白な人よりも、良好な利用実績がある人のほうが有利になるからです。