伊予銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

伊予銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

伊予銀行は愛媛県を中心としたエリア(瀬戸内エリアと九州の一部、兵庫県・大阪府・愛知県・東京都の一部)を営業区域とする地方銀行です。伊予銀行の営業エリア内に居住または勤務している方であれば、カードローンを利用できます。伊予銀行のカードローンには、「新スピードカードローン」「さっとカードローン」「ほっとカードローン」の3種類があります。それぞれのカードローンは申込条件や、専用のローンカード・通帳の有無などの違いがあります。
「新スピードカードローン」の利用条件・スペックですが、申し込みが可能な年齢は満20歳以上満75歳未満であること、限度額は10万円〜1,000万円で、金利は年2.0%〜14.5%です。借入残高が10万円未満であれば毎月の最低返済額は2千円で、インターネットから申し込みをすれば即日融資にも対応しています。「新スピードカードローン」のみ伊予銀行の口座を開設していない方でも利用可能です。申込条件ですが、公式サイトには年収や勤続年数・雇用形態については何も書かれていませんが、年齢を見る限り年金受給者も利用可能であると考えられます。一般的にカードローンの審査で信用が高い順番に並べると、派遣・契約社員、パート・アルバイト、年金受給者、専業主婦、学生となります。年金受給者が利用可能であるということは、少なくとも派遣・契約社員、パート・アルバイトの方も審査に通過できる可能性があります。公式サイトを見る限り、消費者金融のカードローンのように利便性を重視しているため、専業主婦やアルバイト収入がある学生でも、ローン審査に通過することができる可能性があります。
「さっとカードローン」「ほっとカードローン」の条件・スペックですが、申し込みの際に伊予銀行の普通預金口座を開設している必要があり、両方とも最高限度額が50万円。「さっとカードローン」は申込時の年齢が満20歳以上満60歳未満であること、金利は年14%で返済金額は自由に設定できます。「ほっとカードローン」は申込時の年齢が満20歳以上満55歳未満であること、金利は年13%で毎月の返済金額は1万円に固定されています。「さっとカードローン」は手持ちのキャッシュカードでキャッシングが可能ですが、「ほっとカードローン」は専用のローンカードと通帳が発行されます。
いずれのカードローンも資金の使い道が自由で、他の金融会社からの借り換えにも利用可能です。ただし、事業資金には利用できません。
伊予銀行で金融ブラックお金借りる場合、審査を担当する保証会社に注意する必要があります。公式サイトによると、「新スピードカードローン」の審査を行う保証会社は大手消費者金融の「アコム(株)」です。これに対して「さっとカードローン」「ほっとカードローン」の審査を行う保証会社は「いよぎん保証(株)」で、形式的には別会社ですが実質的に伊予銀行が審査を行うとみなすことができます。
消費者金融系の保証会社が審査を行う場合には、パート・アルバイトなどの非正規雇用の人でも審査が通りやすいという利点があります。ただし注意すべき点として、消費者金融系の保証会社ではパート・アルバイト先にも必ず電話で在籍確認が行われること、アコムやグループ企業であるエム・ユー信用保証株式会社と情報を共有していることに留意する必要があります。「新スピードカードローン」では審査の作業がアコムに任されているため、銀行員の判断で在籍確認の電話をしないようにすることはできません。ただし、アコムが在籍確認を行う場合にはオペレータが個人名を名乗るので、銀行のように会社名を名乗ることがありません。ローンの在籍確認であることが知られないような配慮が行われます。
信用情報についてですが、過去にクレジットカード・ローン返済時に滞納や債務整理などを経験すると、一定の年数(5年〜10年)が経過して信用情報機関の情報が消された後にも、保証会社の社内で情報が保存・共有されます。このため、過去にアコムやエム・ユー信用保証が審査を行うクレジット・ローンで何らかの金融事故(ブラック)を経験している方であれば、「新スピードカードローン」の審査に通るのは困難です。このような場合には、いよぎん保証(株)が審査を行う「さっとカードローン」「ほっとカードローン」に申し込みをすることができます。
いよぎん保証(株)が審査を行う場合は、消費者金融のアコムよりも審査基準が厳しくなります。ただし、伊予銀行の普通預金口座を利用して給与振込や公共料金の引き落としを利用している方や、地元で持ち家に住んでいる方は審査に通りやすくなる可能性があります。特に銀行は給与振込を重視する傾向があります。
いよぎん保証(株)でも必ず職場に電話で在籍確認が行われますが、どうしても電話で確認ができない事情がある場合には相談に応じてもらえる可能性があります。伊予銀行といよぎん保証はグループ企業で身内のような存在なので、銀行員の裁量である程度柔軟な対応ができる部分があります。