埼玉りそな銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

埼玉りそな銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

 

ブラックお金借りる難易度は非常に高く、それこそ「闇金業者」に類する貸金業者でなければ融資を受けられない可能性が低くありません。

 

どのような理由で融資を希望しているのかにもよりますが、基本的にいかなる理由があろうともヤミ金業者とかかわりを持つことは避けた方が賢明であり、ましてや生活の危機を闇金業者からの融資で乗り切るような状況は絶対に避けるべきものだといえます。

 

もし仮に生活が困窮してしまっているのであれば、闇金業者からの融資を希望するのではなく、「公的支援制度」を利用した方が賢明です。

 

「生活保護」を利用するのはもちろんですが、そこまでいかないまでも「住宅支援」「総合支援資金貸付」などの制度を利用することによって、生活の安定や再建を図ることができます。特に、これらの制度の中には「給付」という形で現金を受取れるものもあるので、返済の必要性がなく非常に助かります。

 

もし、どうしても貸金業者を利用して融資を受けたいということであれば、「ブラックである」という事実を加味して申し込みを行うことが大切です。

 

というのも、通常であればほとんどの貸金業者はブラック属性の人に対して融資を行っておらず、どれほど状況が良い人でも「ブラック属性」というだけで融資を否決することがほとんどです。中にはしっかりと状況を判断して決めるところもありますが、それでも融資を受けられる可能性は低いです。

 

ブラック属性の人がカードローン審査を突破するために重要なことは、「ブラック属性であることを察知されないようにすること」「客観的に納得できる理由があること」の2点です。このいずれも満たした状態でなければ融資を受けられる可能性は極めて低くなってしまい、さらには状況をさらに悪化させかねません。

 

ブラック属性の段階で融資を受けられる可能性は非常に低いのですが、「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」という考えで申し込みをしてしまうと、それが原因で「申し込みブラック」という状態になってしまいます。申し込みブラックとは、本質的な属性に関しては問題がないものの、頻繁にカードローン申し込みを行っていることによって「よほどお金が必要な状態に陥っている」「どこからも貸してもらえていない」という評価になってしまう状態です。

 

落ち着いて1件だけに申し込みをしていたとすれば問題なく融資を受けられたであろう状況だったとしても、複数のカードローン業者に申し込みをしてしまったことだけが理由で融資を受けられなくなってしまう可能性があります。そして、一度この状態になってしまうと半年程度は状態が継続するため、おおよそ必要なときに融資を受けることができなくなってしまいます。

 

返済を遅延、滞納してしまっている場合は、「貸しても返してくれない可能性が高い人物」というレッテルが貼られてしまっても当然ですが、ただ単に申し込みを複数回(複数件)行っただけでもブラックと同等に扱われてしまう状態になることを把握できていないと、せっかくのチャンスを不意にしてしまい兼ねません。

 

申し込みブラックの状態でも、しっかりと状況を見て判断してくれるカードローン業者がないわけではありません。

 

しかし、仮にそういったカードローン業者に巡り合うことができたとしても、通常と比べて審査基準が高めに設定されてしまったり、契約内容が抑えられたものになってしまう可能性は低くありません。

 

 

スポンサードリンク

 

もしも、何が何でもお金が必要な状態で(申し込み)ブラックに陥ってしまったとして、それが理由で融資を受けられないとなれば、「ブラックでも融資をしてくれる貸金業者」という条件に該当する貸金業者探しにシフトしてしまうことも少なくありません。

 

しかし、この条件に該当する貸金業者はほぼ闇金業者であり、中には融資を受けられないばかりか現金をだまし取られてしまう可能性すらあります。

 

さまざま「ブラック属性」が存在していて、そうなってしまう理由もさまざまです。何気なしに行った行動でブラック属性になってしまう可能性があるため、実は気づかないうちにそうなってしまっている可能性もあります。

 

仮にもネガティブな情報がある状態で融資申し込みをしてしまうと、ネガティブな情報が原因で融資が否決されてしまう可能性があり、そうなると申し込みブラックに陥る可能性が高まるという悪循環が始まります。

 

この循環にはまってしまうと確実に最悪の状態まで進んでいってしまうと考えた方が賢明であり、そうならないようにできるだけ早い段階で自身の属性などを確認しておくことが重要です。

 

自身の属性に関しては、自分の情報を信用情報機関に照会することで確認できます。内容の見方などに特徴がありますが、少なくともネガティブな情報が掲載されているかどうかが分かれば問題ありません。

 

もしもネガティブな情報が掲載されていた場合、その影響を考慮して申し込みの時期を変更したり、審査難易度が低めなカードローン業者を選ぶなどの工夫を行うことで可能性がアップします。

 

 

スポンサードリンク