広島銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

広島銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

銀行は、様々な商品をそろえていますが、特に最近力を入れているのがカードローンになります。カードローンは、カードを所有しており一定の審査をクリアした人にお金を貸してくれます。もちろん、お金を借りたい人から申し込みをする必要がありますが、たいていのカードローンでは、条件を満たしており、ブラックリストに載っていなければお金を借りることができます。例えば広島銀行のカードローンを見ると、基準はそれほど厳しくありません。金利も3.475パーセントから13.975パーセントと低く設定されており、非常に魅力的な商品です。借入金額の上限は500万円になりますが、これは年収によって変わってきますので、すべての人が限度額入りまで借りることができるわけではありません。銀行の場合、総量規制がありませんので年収の30パーセント以上でも借り入れすることは可能です。ですが、無限に借り入れすることができるわけではなく、一定の制限があります。それは年収のおよそ半分までしか借り入れができない点です。年収の半分以上を貸してしまうと、返済できない可能性が高くなるため、銀行の方でもそれ以上貸さないようにしているのが現状です。
申し込み対象者は満20歳以上で満57歳以下に限られています。広島銀行の場合、ほかの銀行に比べると年齢制限が狭くなっています。
審査の方はブラックリストに登録されしてしまうと、借り入れをすることが難しくなってしまうでしょう。ブラックリストとは、情報信用会社に登録されている個人情報のデータです。信用情報会社の方でお金を借り入れた人の情報を扱っていますが、その情報には記号が書かれており、特定の記号が付いていると、その人はブラックリストと判断されてしまいます。ブラックお金借りることは通常できません。そうだとすれば、ブラックリストに名前が載らないようにすればよいことになるでしょう。ブラックリストに名前が出てしまうのは、債務整理をした場合です。
債務整理は主に3種類あります。一つ目が任意整理です。任意整理は、まだ返済をし終えてない段階で過払い金請求をする場合も含まれます。ですが、基本的には期限までにお金を返済できない場合に利用する手段の一つです。債務整理の中でも一番軽い手段とされています。任意整理の特徴は、裁判所は関係しないため、官報などに載らず、だれにも知られずに処理することができる点です。こっそりと借金を返済したい人にとっては有利な方法と言えるでしょう。通常は弁護士に依頼して任意整理をしてもらいます。任意整理をすることによって、その後の利息がなくなり、返済が楽になるでしょう。個人再生のように、支払い期限が伸びるようなことはありませんが、利息をなくすだけで返済できそうであれば任意整理を選択することが多いです。
二つ目は個人再生です。個人再生は任意整理よりも返済できる可能性が低い人が取りうる手段になります。任意再生ができる条件は、少なくとも継続した収入があることです。継続した収入がなければ、自己破産になってしまいます。任意再生行う場合には、裁判所に申し出る必要がありますので、官報に名前が載ってしまいます。そのため、誰にも知られずに債務整理をすることができなくなる点は覚悟しなければなりません。とはいえ、定期的に官報を読んでいる人が近所の周りにいるかといえばなかなかいないでしょう。裁判官や不動産関係者などは閲覧しているかもしれませんが通常はそこまで閲覧しないため、知られる可能性はあるものの、極めて低いと言えるでしょう。
最後は自己破産です。自己破産は、継続的な収入がなく返済も難しい場合にとりうる手段になります。基本的に、債務者が持っている財産は取り上げられてしまいますが、現金や生活に必要なものに関してはそのまま維持されるでしょう。自動車や住宅などを所有していればそれらを売却し、そのお金を債権者に返済することになります。ただし、カードローンでブラックリストに載るような人は、自動車を持っている可能性も少なく、ましてや自宅を所有している可能性も少ないです。仮に持っていたとしても、換金したら二束三文の可能性もあるため、結局債務者が債権者に、大してお金を返済することができず、債権者を満足できない可能性が高いです。つまり、同じ債務整理の中でも個人再生・任意整理とは程度が異なります。
このように、同じ債務整理の中でも違いがありますので、ブラックリストに掲載された場合には、任意整理と個人再生の場合ではそれぞれが終了してから5年間、自己破産の場合は自己破産手続きがすべて終了してから7年間はお金を借りることができないようになっています。
それ以上経過すればお金を借りることができる可能性がありますが、個人情報に関しては提示されていませんので債務者を調べる余地がありません。そのため、債務整理が終了した場合でも、かなり時間的な余裕を持ってお金を借りることが必要になります。