池田泉州銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

池田泉州銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

銀行カードローンの申込はちょっと面倒、そのひとつが銀行口座の開設です。

 

普段、使っている銀行なら普通預金口座をそのまま返済口座としてカードローンの申し込みもスムーズなのですが、新たに利用する銀行では普通預金口座を開設することから始めなければならないため時間も掛かります。

 

普通預金口座はインターネットでも開設できますが専用のアプリでカードローンの申し込みをセットにしているのが池田泉州銀行です。

 

この池田泉州銀行の口座開設アプリは運転免許証を画像で送り、必要な情報を入力すれば開設できるもので約10日前後の時間が掛かりますが、来店不要で24時間365日いつでも開設の申し込みができるので便利です。

 

池田泉州銀行のカードローンの借入限度額は300万円、金利は一律14.5%の固定金利です。

 

カードローンですが、専用のカードはなく、キャッシュカードにローン機能が付いた形になります。

 

池田泉州銀行の他にセブン銀行やローソンATMなども使えるので借り入れや返済で専用のATMを探すといった面倒もありません。

 

 

スポンサードリンク

 

さらに同銀行で2年以上の取引があり、公共料金の引き落としや給与振り込みなどで利用している方に向けては「マックスファイブ」と呼ばれるカードローンがあり、こちらもキャッシュカードがそのまま借入・返済専用のカードとなるタイプで限度額は最大500万円、年利は一律5.95%の変動金利でWEB申し込みができるカードローンです。

 

実績があるというのはローンの審査では重要なことです。

 

公共料金の引き落とし然り、口座振替の実績はそのまま審査に反映される場合があります。

 

また、マックスファイブには年収400万円と基準があり、限度額が大きい分、貸付基準も上がっています。

 

また、金利に低さは審査の厳しさに比例し、ある程度の実績を積まないと審査が通りにくい傾向があります。

 

マックスファイブは一般の銀行カードローンと比べて10%近く金利が低いので、その分、審査は厳しいと言えるでしょう。

 

まずはカードローンで実績を積み、次にマックスファイブの申し込みといったステップが実績づくりの面でも、借り換えの審査でもスムーズにいくポイントです。

 

加えて銀行カードローンの金利で重要なのは固定金利か、変動金利かの点です。

 

固定金利は借り入れから返済まで金利は一定であるため、利息の支払いも変わりません。

 

しかし、変動金利型はその日の金利が反映されますので大きな変動がある場合は利息の支払いが増えることになりかねません。

 

現状は超低金利と呼ばれる状態で、このまま続くと予測されますので過度な心配は必要ありませんが、金利がどのタイプなのかも確認しておくこともおすすめします。

 

カードローンを含めて銀行のローンは主に2種類あります。

 

ひとつはカードローンで、こちらは専用のカードが発行されるタイプと、キャッシュカード一体型の2種類があります。

 

もうひとつはフリーローンと呼ばれるもので、一括借入で限度額も大きく、証書貸付になるタイプです。

 

繰り返し利用できるのはカードローンで、一括で大きな金額を借り入れて計画的に返済するタイプがフリーローンです。

 

貸付条件が厳しく、審査が通りにくいのはフリーローン。

 

ブラックお金借りるケースではハードルが高いローンです。

 

池田泉州銀行で言えば、マックスファイブのような低金利・高額融資のローンも審査の通過は難しいかもしれません。

 

申し込みから利用開始までの流れですが、仮審査の申し込みはインターネット・FAX・郵送に対応しています。

 

仮審査の結果は2〜3営業日以内にメール・電話・郵送のいずれかで連絡がきます。

 

在籍確認があるかどうかは申し込み内容次第で、メールだけでお知らせがくる場合もあります。

 

こうした仮審査は保証会社が行っている予備審査のようなもので、通常のカードローンは新生フィナンシャル、マックスファイブは池田泉州JCBか、あるいはオリエントコーポレーションと銀行が決める形になっています。

 

新生ファイナンシャルは消費者金融・レイクの保証会社にもなっている会社ですから、過去にこの会社から延滞や債務整理の記録がなければ、審査を通過する可能性も高いです。

 

一方のマックスファイブのカードローンも、該当する保証会社の信用に問題がなければ審査を通ることも多いでしょう。

 

どの保証会社が付いているのか、銀行カードローンは重要なポイントです。

 

大手の消費者金融か、クレジットカード会社か、信販会社か、共通しているのはCICとJICCの二つの信用情報機関に登録している会社が多いことです。

 

特にCICに登録しているのは消費者金融やクレジットカード会社、信販会社など信用調査を必要とする会社のほとんどが登録しています。

 

ブラックお金借りるケースではまずCICの信用情報機関に登録されている情報が異動と呼ばれる状態ではなく、ホワイトの状態であることも必要になってきます。

 

異動情報などの利用履歴の登録期間は5年、債務整理した場合は月日が前後しますので、信用情報機関に登録されている情報を確認しておくことも、カードローンを申し込むための必要な準備です。

 

 

スポンサードリンク