京都銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

京都銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

京都銀行では消費者への融資を積極的に行っており、代表的な商品に京銀カードローンW(ワイド)があります。このカードローンの特徴は、何と言っても金利の低さにあります。借入限度額は30万円から500万円までの5段階になっていますが、最高500万円の場合は年利が3.975%です。また最低限度額30万円でも年利11.975%で、いずれの場合も他のほとんどの銀行ローンを下回っています。銀行ローンの金利を下回っているということは、消費者金融よりももっと低いということで、いかに有利かが分かるでしょう。特に最低限度額の場合の金利の低さは、カードローンの利用者にとっては有り難いことと言えます。500万円の審査に通るには相当の年収が必要になり、そう簡単なことではありませんが、30万円程度なら審査に通りやすいからです。最高限度額の500万円は、他の銀行カードローンの限度額よりも低めですが、これだけ利用できる人は限られています。
とはいえ銀行カードローンなので、審査は消費者金融よりも厳しくなります。現在では銀行の審査も、かつてほど消費者金融との差がなくなっていますが、それでもブラックお金借りるのはハードルが高いと言えます。京都銀行カードローンの場合は、全国銀行個人信用情報センターに登録された情報を元に審査を行っています。自己破産や債務整理などの金融事故を起こしてから5年を経過していない方は、信用情報がブラックの状態になっているので、5年経ってから審査を受けるようにしましょう。また債務に関する個人情報は、日本信用情報機構やクレジットインフォメーションセンターにも残っている可能性があります。こうした情報以外にも、京都銀行の子会社やグループ会社が信用情報を収集しています。個人信用情報センターにブラック情報が残っていなくても、過去に京都銀行の関連会社で滞納したことがある場合は、審査に落ちることがあります。
京都銀行カードローンはパートやアルバイトでもお金を借りられますが、安定した定期的な収入が必要になります。もちろん正社員や公務員のほうが審査に通りやすいことは言うまでもありません。非正規雇用の場合は限度額により、勤続1年以上などの条件があります。また限度額が100万円以上になると、審査の際に収入証明書を提出しなければなりません。これは他のカードローンに比べると、やや厳しい条件になっています。しかし30万円や50万円を借りるときには年収は関係ないので、ちょっと借りてすぐに返すという利用法なら問題ないでしょう。審査では収入金額よりも、安定しているかどうかが重視されます。
京都銀行カードローンは他の多くの銀行カードローンと違って、京都銀行に普通預金の口座がないと利用できません。そのため京都以外に住んでいる方は、少し不便かもしれません。ただし引き出しや返済は提携金融機関や、コンビニのATMからも行えるので、口座を作ってしまえば問題ないとも言えます。また申し込みはインターネットからも可能ですが、即日融資には対応していません。ネットで仮審査を行った後、本人確認書類などを郵送して、本審査を受ける必要があります。現在ではネットだけで完結するカードローンもあるので、京都銀行のシステムはやや面倒に感じる方もいるでしょう。申し込みからカードが利用可能になるまでには1〜2週間ほどかかるため、急いでいる方は別のローンを検討しましょう。
京都銀行カードローンを申し込めるのは、他の銀行と同様に20歳以上60歳未満の方となっています。一般に年金は安定した収入とは見なされないので注意が必要です。いきなり高額の融資を受けるのは難しく、実績がないうちは最低限度額しか認められないこともあります。年収に自信がなければ、まず30万円から申し込むと良いでしょう。最初は限度額が低くても、利用実績を積み重ねれば増額していくことができます。また公共料金の振り込みを忘れたとき、自動的に借り入れできるシステムなどもあって、生活に密着した使いやすいローンと言うことができます。京都銀行の支店が近くにあるなら、利用を検討する価値があります。
以上のように京都銀行カードローンは金利が圧倒的に低いというメリットがある反面、審査は他のローンより少し厳しい傾向があります。過去の一定期間にローンやクレジットカードの滞納歴がないか、事前にチェックしておきましょう。消費者金融と違って総量規制の影響は受けませんが、他のローンを借りすぎていると返済能力に欠けると見なされ、審査に落ちることがあります。借金はきっちり整理しておくことが、審査に通りやすくなるコツです。借金がなくても短期間に複数のローンを申し込むと、その情報が金融機関で共有され、審査で不利になる可能性もあります。京都銀行から借り入れると決めたら、結果が出るまで他のローンの申し込みは控えることが大切です。