りそな銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

りそな銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

「そもそも論」になってしまいますが、そもそもブラックお金借りることができる選択肢というと、そのほとんどは闇金業者に代表されるような違法性が避けられない貸金業者になってしまう可能性が極めて高く、安全安心な環境で利用できる正規の貸金業者では目的を実現できないと考えた方が賢明です。

 

というのも、通常「ブラック」になってしまった段階で信用が著しく落ちてしまうため、その状態でお金を貸すリスクを鑑みれば貸すはずがないことが分かります。

 

スポンサードリンク

 

 

しかし、年収1億円を超える収入があり、突発的な事象によって一時的に金銭的困窮状態に陥ってしまっているということが客観的にも明らかであれば、仮にブラックになっていたとしてもお金を貸してもらえる可能性は十分にあります。

 

銀行や消費者金融などでも可能性はありますが、「個人間融資」にこそ可能性が秘められています。お金の面で一時的に信用が地に落ちてしまっていたとしても、人間性を加味した信用や将来性を担保に融資をしてもらえる可能性があります。

 

ビジネスとして貸金業務を行っている業者にとって最も重要なことは「返済してもらうこと」であり、細かく言えば「元金+利息が確実に回収できること」です。いくら信用がある相手お金を貸したとして、最終的に完済されずに返済が滞ってしまえば意味がありません。

 

あらかじめ担保を受取ったうえで融資を行っていれば補填が可能ですが、無担保、保証人なしで融資が実行されるフリーローン(カードローン)に関しては、現金で回収することが至上命題です。

 

1円でも元金額に不足した回収状況では損失となり、元金調度ならば利益が得られません。1円でも良いから元金分を超える回収ができて初めて利益が生まれる以上、その段階まで行くことによって業務を継続していけるわけです。よって、少しでも不安が残る相手に対しては貸付金額を少なく抑えたり、融資自体を断るような判断を下します。これは、相手のことを見下しているということではなく、自分の会社が存続していく上で重要な判断です。

 

また、現状あるカードローンには「総量規制対象」「総量規制対象外」の2種類の区分があります。総量規制とは、「年収に対する債務の割合を制限する条例(法律)」であり、具体的には年収の1/3を超える借り入れをすることが制限されます。

 

厳密には「借り入れ」ではなく「貸付け」が制限されているため、仮に総量規制対象のカードローン業者から規制上限を超える額の貸し付けを受けたとしても、借りた側は特にお咎めはありません。

 

スポンサードリンク

 

 

しかし、それによって貸した側は甚大なペナルティを科せられる可能性があるため、審査の段階で厳密に状況をチェックします。

 

本人からの申告情報を参考にすることはもちろんですが、それだけでは嘘偽りの可能性が否定できないため、信用情報機関などにある情報も併せて信用度合いを判断しています。

 

つまり、本当は債務があるにもかかわらずないと申告したとしても、その事実は信用情報機関などから発覚するので偽り切れないということです。

 

年収115万円のところを120万円と申告する程度ならば許されることも多いですし、債務50万円を45万円と申告しても許される可能性はあります。ただ、50万円の債務をないものとして申告するような状況に関しては、それだけで信用ができないと判断されてしまうため、仮に本来ならば融資を行える属性だったとしても融資が否決されてしまいます。それだけに、申告する内容は事実をありのままに伝えることが重要です。

 

審査で否決される要因は、ここで題材に挙げている「ブラック」はもちろんのこと、他にもたくさんあります。「年収が不足している」「勤続年数が不足している」「信用情報が良くない」などの要素があると融資を受けられない可能性が高まり、これらの情報がないほど融資を受けられる可能性が高まります。ただし、一点だけ注意しなければいけないことがあります。

 

基本的にはネガティブな情報がないに越したことはありませんが、「債務整理後」はすべての情報が失われる現象が起きます。もっとも、債務整理後すぐに情報が消えてしまうというわけではありません。

 

たとえば自己破産をして債務が免責されたのち、5年ほどはそれまで利用していた債務に関する情報が信用情報機関に残されています。そのため、この間に新たな融資を申し込んでも否決されてしまう可能性が高いです。

 

しかし、5年ほど経過すると情報の保管期間が満了するため、以降はそれまでの情報が信用情報機関から抹消される可能性が高いです。きっちり5年で抹消されるとは限らず、7年や10年残されたままになっている可能性もあります。ただ、そうなるとネガティブな情報が一切確認できなくなるため、一度も融資を受けたことがない人と同じ状態に見えます。しかし、この状況は必ずしも普通とは感じられない可能性(スーパーホワイト)があります。