第四銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

第四銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

第四銀行カードローンは3つの種類のカードローンがあり、「解決スピーディー」や「D-スタイル」、「DJオーナーズカード」があります。急いで借入したい人は「解決スピーディー」がおすすめで、年金収入だけの人や専業主婦の人には「D-スタイル」が良いでしょう。第四銀行で住宅ローンを利用しているなら「DJオーナーズカード」が良く、幅広い人に対応した金融サービスをリリースしているカードローンです。全体的な実質年率は年4.0%〜14.8%で、借入限度額は最大500万円になています。審査時間は最短即日で、即日融資することが可能です。
第四銀行のカードローン「解決スピーディー」に関して、融資限度額は最大500万円で、金利適用方式は単一金利で、借入利率は年4.0%〜14.8%になっています。返済日は毎月一定日で、申込対象者は満20歳以上〜70歳未満の人で、安定した収入がある人になります。年金収入者は利用することができず、保証会社の保証を受けることができる人で、住んでいたり勤めている場所が第四銀行営業エリア内の人に限られます。使い道は生活資金で、保証人は不要です。借入限度額は30、50、70、100、150、200、250、300、500万円の9種類があり、借入金利として極度額30・50・70万円の場合年14.8%で固定金利になります。極度額100・150・200万円の場合年12.0%(固定金利)で、極度額250・300万円の場合年6.0%(固定金利)です。極度額500万円の場合年4.0%(固定金利)になり、返済方法は約定返済の場合口座振替やATM入金になり、随時返済の場合カードやATMで随時返済することが可能です。「D-スタイル」の場合、利用対象者は満20歳以上〜65歳未満の人で、安定した収入があり、勤続年数や事業年数が1年以上ある人になります。居住年数が1年以上の人で、収入のない主婦の人も10万円タイプを申し込むことが可能です。保証会社の保証を受けることができる人で、使い道は自由ですが事業性資金は除外されます。借入限度額は10、30、50、100、150、200万円の6種類があり、借入金利として極度額10・30・50万円の場合年11.5%で固定金利になります。極度額100・150・200万円の場合年9.8%(固定金利)で、融資期間は3年毎の更新です。返済方法として、約定返済の場合毎月26日に口座振替になり、随時返済の場合カードやATMで随時返済することができます。「DJオーナーズカード」の場合、利用対象者は満20歳以上〜65歳未満で、勤続1年以上で、安定した収入がある人や、第四銀行において住宅ローンを利用したり新規利用する人になります。使い道は自由で、事業性資金は除外されます。借入限度額は50、100、200万円の3種類で、借入金利は年4.60%で変動金利です。融資期間は3年毎の更新になり、返済方法として約定返済の場合は毎月26日に口座振替になり、随時返済の場合はカードやATMで随時返済することができます。
第四銀行のカードローンの審査は、インターネットや電話・FAXなどで申し込みすることが可能です。インターネットの場合は24時間受付対応で、最短当日審査にも対応しているので、インターネットで申し込むとスピーディです。申し込みする前にコールセンターに相談することもできます。申し込みが終了すると審査がスターとし、審査にパスすると電話で連絡が来る予定です。急ぎの人は即日融資も利用することができます。連絡後、契約書が郵送されるので必要時事項を記載し、返送するとカードが送られます。第四銀行のカードローンの審査は厳しく、ブラックリストに載ったことがある人やなかった人も含めて、厳しい目でチェックされます。ブラックお金借りるに関して、正直に申告するのが大切です。きちんと過去の情報を申告し、現在の状況が安定した収入があったり、継続して収入がある状態にあると、審査に無事パスすることができる可能性があります。在籍確認は基本的に行われます。電話で勤務先にかかってきますが、周囲にカードローンを利用しようとしているとはばれないので心配ありません。
第四銀行のカードローンの特徴として、地方銀行のカードローンでは珍しく第四銀行に普通預金口座を持っていなくても借入申し込みを行うことができます。地方銀行のカードローンの場合、審査の申し込み時対象銀行の普通預金口座は必ず必要で、持っていないと申し込みと同時に口座開設する必要がありますが、第四銀行の場合は口座を持っていなくても大丈夫です。審査にパスした場合、専用カードが郵送で送られてくるので、ローンカードを使って借入することができます。返済に関して、カード入金や指定口座から毎月自動引き落としで対応することが可能です。指定口座は第四銀行の口座でなくても良く、普段から使用している他の銀行の普通預金口座でも問題ありません。