東京都民銀行カードローン ブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

東京都民銀行カードローン ブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

東京都民銀行では、カードローンの商品が用意されていますが、カードローンを利用するためには、まず、条件を満たすことが必要になります。次に審査に通る必要があります。
カードローンで借り入れすることができる金額ですが、30万円と50万円の2種類になっています。カードローンで高額のお金を借り入れする場合には、あまり向いていないでしょう。金利は9.8パーセントになっており、他の銀行で借り入れするよりも低い金利で借り入れをすることができるのが特徴です。
借り入れの条件の一つは年齢になりますが、20歳以上で60未満であることが必要になります。借り入れができる年齢の幅はそれほど狭いわけではありませんが、上限が65歳未満としている銀行が多いことを考えると、やや狭くなっています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

収入に関しては、継続して安定した収入があることが条件です。そのため、必ず会社員でなければならないわけではありません。会社員ではなくても借りることができるため、アルバイトやパート、派遣社員でもお金が困ったときには借り入れできる点がポイントになります。

 

職業に関係なく、安定した収入があれば借り入れが可能です。
収入の額については明確ではありませんが、基本的に年収が100万円あれば借り入れできると思って間違いないでしょう。ただし、年収によっては借り入れの限度額が決まりますので、その点は注意が必要です。このような条件を見ていくと、専業主婦は収入がありませんので、借り入れができないと解釈できます。ですが、実際には専業主婦でもカードローンでお金を借りる事は可能です。専業主婦は収入がありませんが、その分配偶者の収入があります。つまり、配偶者と合わせて継続して安定した収入があれば、借り入れの条件を満たしていると考えられます。

 

 

審査の内容ですが、本人確認と信用情報の確認、そして勤めている会社に対する在籍確認を必要とします。本人確認は、本人である証明書を提出することで、確認ができます。店舗で提示する場合は、免許証や保険証あるいはパスポート等があればそれらのどれか1つを持っていくことで証明することが可能です。

 

 

次に、信用事故があるかどうかが問題です。信用事故があるかどうかは、信用情報会社に問い合わせをすれば簡単に確認することができます。信用事故が発生している場面、つまりブラックリストに名前が載っている場面は大きく分けて2種類あります。1つは、過去に他の銀行や消費者金融、クレジットカード会社などからお金を借りた場合、長期間滞納している時です。例えば、3ヶ月以上お金の支払いがなかった場合は信用事故として扱われます。この点、1ヵ月程度の支払いがない場合でも信用事故としてブラックリストに掲載されてしまうのではないかと心配している人もいますが、1ヵ月程度滞納しただけでは、たまたま支払いが忘れただけと判断されますので、金銭的な信頼が失われたとまでは判断されません。ですが、3ヶ月以上支払いが滞った場合は、金銭的な信頼がないと判断されても仕方ない自由です。この場合にはブラックリストに掲載されてしまいます。

 

 

次に、債務整理があった場合でもブラックリストに掲載されると思って間違いありません。債務整理とは、任意整理、個人再生、自己破産の3種類です。

 

 

普通は、ブラックお金借りる場合は、審査に通ることはありません。ただ、ブラックリストに名前がある場合でも、一定の期間が過ぎれば審査に通ります。一番程度が軽いのは、滞納です。

 

滞納は、支払い期限までに支払うことができなかったとしても、最終的には支払いをしているため、そこまで大きく信頼が失われたわけではありません。そのため、完済したときから半年ほどでブラックリストから名前が消えることが多いです。

 

 

債務整理をした場合は、程度の差はあるものの、完全に債務を支払ったわけではありません。そのため、5年から10年ほどブラックリストから名前が消えることはありません。債務整理の中でも、自己破産が一番程度が重く、10年ほどブラックリストに名前が掲載されたままになります。

 

 

ブラックリストに名前が消えるときに審査をしたら審査に通る可能性が高いですが、ブラックリストを確認するためには、本人確認の書類を役所から取り寄せた上で、500円ないしは1000円を支払わなければなりません。

 

 

ブラックリストの情報を消すことができるのか問題になりますが、これを消すことは出来ません。この情報を消すことができると、そもそもブラックリストの意味がなくなってしまうからです。ただし、ブラックリストの情報を閲覧して、情報が間違えている場合は、例外的に情報を改めるように伝えることが出来ます。

 

 

東京都民銀行では、在籍確認も行います。在籍確認は、借り入れを希望している人が勤めている会社に電話をかけて、本当にそこに在籍しているかを確認します。在籍確認をする場合でも、借金することを勤めている会社にわからないように配慮しますので、安心して借り入れができるでしょう。

 

 

スポンサードリンク