三菱東京UFJ銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

三菱東京UFJ銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

三菱東京UFJ銀行カードローンは「バンクイック」という名前がついています。バンクイックにはさまざまな口コミが書かれていますが、ブラックお金借りることは難しいようです。

 

三菱東京UFJ銀行カードローンから「バンクイック」が登場した当時は、顧客獲得のために積極的に融資をしていたようでした。

 

そのときには、ブラックの人でも総合的に信用があればお金を借りられたということもあったようです。しかし、バンクイックは金利1.8%〜14.6%、限度額10万円〜500万円の好条件のカードローンなので、ブラックでは審査に通過することは難しいでしょう。

 

スポンサードリンク

 

インターネットのサイトではブラックでも借りられると解説しているところもあります。

 

しかし、インターネットのサイトは個人が運営していることもあり、必ずしも正しい情報が書かれているとは限りません。

 

三菱東京UFJ銀行カードローンの公式サイトで書かれている情報以外はあまり鵜呑みにしないほうがよいでしょう。

 

金利1.8%〜14.6%というのは、カードローンとしては業界最低水準です。

 

バンクイックでは限度額が10万円〜500万円なので、限度額500万円で金利が1.8%となる可能性があるということです。限度額800万円で金利1.7%となるカードローンなら他にも存在していますが、限度額500万円ではバンクイックがトップクラスの低金利となるでしょう。

 

まだ三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」が登場したての頃は審査が甘い部分もあったかもしれません。

 

しかし、これだけ好条件のカードローンとなると、人気が出ることは予想ができるでしょう。現在では審査の難易度はそれなりのものになっているのではないでしょうか。口コミで審査が甘いと書かれていても、それを鵜呑みにせずに、十分に準備をしてから申込みをするようにしておきましょう。

 

1回や2回の延滞があるだけならば、まだブラックリストにはのっていません。3ヶ月以上の延滞をしてしまうとブラックリストにのってしまうので注意をしておきましょう。3ヶ月以上というと90日以上と考える人が多いでしょう。しかし、実際には61日の延滞でもブラックリストにのってしまうことがあるようです。61日というと、2ヶ月を超えた時点であり、3ヶ月目に突入をしたタイミングということになります。

 

3ヶ月以上の延滞をしてブラックリストにのってしまうと、完済をしてから5年が経過するまではブラックリストにのり続けてしまいます。それならば、早い段階で任意整理をしてしまったほうがよいでしょう。任意整理をした場合でも5年間はブラックリストにのりますが、利息をカットしてもらえるというメリットがある分そちらのほうがよいかと思われます。

 

個人再生や自己破産をした場合には、三菱東京UFJ銀行カードローンの審査には10年間影響してしまいます。個人再生や自己破産をしなければならない状況になる前に、任意整理や特定調停で解決をしてしまうことが理想です。

 

ブラックリストにのっていなくても、三菱東京UFJ銀行カードローンは人気がある商品なので、審査に落ちることもあります。過去1年でたった1回延滞をしているだけでも審査落ちの理由となることがあるので気をつけておくべきです。延滞はたった1回でも信用が落ちる理由となります。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」では在籍確認は必ずあるようです。在籍確認では三菱東京UFJ銀行の名前が名乗られることになりますが、メガバンクの1つであり、信用がある金融機関ですのでそれほど心配はないでしょう。

 

スポンサードリンク

 

 

職場へ三菱東京UFJ銀行から電話がかかってきたからといって、怪しまれるということはほとんどないかと思われます。

 

むしろ、メガバンクから融資を受けているというのであれば信用につながる可能性もあります。在籍確認ではプライバシーを聞かれることはなく、在籍が確認されたらそこで電話はきられます。

 

ブラックの人がどうしてもお金を借りたいという場合、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」はハードルが高いでしょう。

 

すでにブラックリストから解除されているというのなら審査に影響はしませんが、現在進行形でブラックリストにのっている人では審査に通る可能性はかなり低いです。

 

大手の消費者金融ならブラックリストにのっているというだけで審査からはじかれないという口コミがあります。

 

例えば、年収500万円、正社員、勤続年数5年、他社借入ゼロという人なら可能性があるでしょう。大手で通らないという人は、中小規模の消費者金融も選択肢に入れてみましょう。

 

一番理想なのはブラックリストから解除されてから申込みをすることですが、どうしても借りたいという人は中小規模の消費者金融がブラックにも対応してくれる可能性が高いです。インターネットの口コミや評判も参考にしながら、借りられそうな業者を探してみましょう。