常陽銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

常陽銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

常陽銀行は茨城県の水戸市に本店を置く地方銀行です。2016年には栃木県宇都宮市に本店がある足利銀行と経営統合をしています。茨城県内では猿島郡五霞町と稲敷郡河内町を除く全ての市町村に支店があります。県外では千葉県、埼玉県、栃木県、東京都、福島県、宮城県、大阪府に支店がある他に海外駐在員事務所も存在します。常陽銀行カードローンにはキャッシュピットという名称があります。金利は年2.5%から14.8%で、融資限度額は800万円とされています。契約時の年齢が20歳以上75歳未満で安定継続した収入があれば申し込むことができます。正社員だけでなくパートやアルバイトなどでも利用可能です。キャッシングを行うためにはアコム株式会社の保証を受ける必要があります。担保や保証人などは不要です。常陽銀行カードローンは金利が低く融資限度額が多い典型的な銀行系カードローンに分類されます。カードローンには銀行系と消費者金融系、信販会社系が存在します。銀行系だけは貸金業法が適用されないので総量規制の対象外です。総量規制の対象となる場合には年収の3分の1を超える融資を受けることができません。常陽銀行カードローンの場合は総量規制の対象外なので、年収により融資額が制限されることはありません。銀行自身が設定している融資限度額は800万円と高額です。一般的なカードローンの金利は年2%から18%とされますが、常陽銀行カードローンは最高金利が年14.8%と低く設定されています。融資額が多く金利が低いほどカードローン会社にとってリスクが大きくなるので審査は厳格に行われます。常陽銀行カードローンでは銀行自身の審査に加えて保証会社であるアコム株式会社の審査を受ける必要があります。アコム株式会社は消費者金融系のカードローン会社ですが、ノウハウを活用して常陽銀行カードローンの保証会社も務めています。審査は平日の場合に最短60分で完了し、即日融資を受けることも可能です。融資額が50万円を超える場合には源泉徴収票などの収入証明資料を提出する必要があります。常陽銀行カードローンは総量規制の対象外とされる銀行系カードローンです。年収によって融資額が制限されることはないので、収入がない専業主婦でも配偶者が条件を満たせば融資を受けることができます。実際の審査では年収だけでなく返済可能なプランかどうかが問われます。収入が少なくても無理なく返済できる金額であれば融資を受けることができます。常陽銀行カードローンでは自営業者の場合には自宅へ、サラリーマンなどの場合には職場へ電話で在籍確認の連絡を行います。カードローン会社の中には給与明細書などを提出することにより電話連絡に代えることができるものもあります。しかし常陽銀行カードローンの場合には必ず電話連絡による在籍確認が行われます。担当者が自宅や職場に電話をする際には個人名を名乗るのでカードローンの利用を他の人に知られることはありません。契約後はローンカードが郵送されてきます。ローンカードが入っていることは封筒に明記されないので基本的に他の人に知られる心配はありません。ただし封筒には常陽銀行の名前が記載されています。営業エリア外に居住している場合など家族に知られる可能性もあるので注意が必要です。
多額の債務を抱えて返済が困難となり債務整理を行った場合や、長期にわたって返済を滞納した場合には事故情報が信用情報機関に登録されます。事故情報が登録されることを一般的にブラックリストに記載されると言います。ブラックリストに記載された場合には原則として貸金業者からのキャッシングや住宅ローンなどの利用ができなくなります。またクレジットカードを発行することもできません。ブラックお金借りることは基本的にできませんが、中小の消費者金融業者の中には融資を受けることができるものもあります。常陽銀行カードローンは審査が厳格な銀行系カードローンなのでブラックお金借りることはできません。債務整理には任意整理と特定調停、民事再生、自己破産が存在しますが、いずれの手続を行った場合も信用情報機関に登録されます。事故情報が登録される期間は5年から10年とされており、その期間はブラックお金借りることが原則としてできなくなります。任意整理と特定調停は当事者間で協議を行い債務額を減額するという点で共通しています。任意整理は私的な協議なので、交渉が成立すると和解契約書が作成されます。特定調停では裁判所が仲介して調停調書を作成します。和解契約書は債務名義ではありませんが調停調書は債務名義なので強制執行の可能性があります。自己破産では全ての財産を処分しますが債務全額の免除を受けることができます。住宅などを手放さずに債務を減額する場合には民事再生を行います。民事再生は5000万円以下で住宅ローン以外の債務にのみ適用されます。債務の完済前に過払い金の返還請求をした場合も債務整理に該当するので事故情報が登録されます。一方返還された過払い金で完済できれば登録情報は抹消され常陽銀行カードローンを利用できます。