足利銀行カードローン ブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

足利銀行カードローン ブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

足利銀行は、栃木県宇都宮市に本店を構えている地方銀行です。
従来の足利ホールディングス株式会社が、常陽銀行と株式交換を行い、銀行持ち株会社傘下として経営統合を行ったのが足利銀行です。
足利銀行は北関東エリアを主な営業区域としており、エリア内には98の支店および49の出張所を持っています。
栃木県内での貸出金シェア率については約5割を持つ、中小企業向けにおいては約8割など、栃木県や県内25の市や町の指定金融機関を受託しています。
ちなみに、足利銀行の店舗は栃木県以外にも、福島県や群馬県、茨城県、埼玉県などの周辺の県の中にも多数の店舗展開を行っており、東京都においては中央区八重洲に東京支店を設置しています。
足利銀行には、住宅関連ローンとして住宅ローンやリフォームローン、自動車やオートバイに関するローンとしてマイカーローン、教育に関するローンとして教育ローン、自由に使えるフリーローンやカードローンが用意してあります。
住宅ローンは、住宅の新築・増改築を初めとして、他金融機関の住宅ローンの借り換えなどにも利用が出来る便利なローン商品です。
足利銀行の住宅ローンには、住宅ローンの「暮らし上手」や働く女性のための住宅ローンの「暮らし上手」が用意してあります。
どちらも同じローン名になっていますが、女性のための住宅ローンの「暮らし上手」は、借入時の年齢が満20歳以上、51歳未満、最終返済時の年齢が80歳未満の女性だけが申し込めるローンです。
今後も安定した収入が見込める、団体信用生命保険に加入が認められるなどの諸条件があります。
尚、融資額は10万円から最高7,000万円まで、1万円単位での融資が可能で、所要資金の100%までの融資を受ける事が出来るようになっています。
但し、担保評価額の200%を上限とし、借り換えの場合は300%を限度とするなどの条件があります。
リフォームをする時に利用出来るのがリフォームローンです。
足利銀行のリフォームローンは「住まい快適」などの商品名になっているもので、保証会社の保証を受ける事が出来る、契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満、最終返済時の年齢が満80歳未満など、住宅ローン並みの年齢条件になっています。
但し、8つの疾病保障を利用する場合には、借入時満20歳以上、満51歳未満までになるので申し込み時には注意が必要です。
申し込みが出来る人は、年齢の条件加えて、今後も安定継続した年収が150万円以上、足利銀行所定の団体信用生命保険の加入が認められる、足利銀行の審査基準を満たすなどの条件をクリアしている人になります。
10万円から最高1,000万円まで、1万円単位で融資を受ける事が可能で、融資期間は1ヶ月以上20年以内になります。
住宅ローンやリフォームローンは家を購入したい人、家の増改築を行い、きれいな我が家に変えたいなど、生活をより快適にしてくれるローン商品です。
利用目的が色々と選べるのがフリーローンやカードローンです。
足利銀行のフリーローンは使い道が自由なローンで、海外旅行や趣味など幅広い用途で活用出来ます。
ちなみに、ブラックお金借りる、などの時には自分の個人信用情報にブラックに関する情報が記録されていない事を確認しておかなければなりません。
フリーローンはカードローンなどと同じように保証人や担保が要らないローン商品で、保証会社が保証を行う事で融資が実行されます。
足利銀行だけでなく、保証会社も個人信用情報の照会を行うなどの信用調査を行う事からも、消費者金融やクレジットカードでブラックリストになっている時などは要注意です。
尚、足利銀行のフリーローンは女性専用のフリーローンも用意してある、使い道が自由で見積書などが不要、足利銀行の普通預金口座を持っている場合には申込み金額300万円までであればウェブ完結型を利用出来るメリットがあります。
これは男性も女性も性別に関係なく利用出来るフリーローンも同じで、口座を持っている場合には来店不要で契約まで完結出来るメリットがあります。
契約時には在籍確認として勤務先への電話連絡が入りますが、足利銀行の社名を名乗るのではなく、電話をする人の個人名などで連絡が入るのが特徴です。
尚、性別に関係なく利用出来るフリーローンは最高500万円まで、融資利率は年利4.5%〜13.8%になります。
これに対して、その都度ATMで現金を引き出させるのがカードローンの特徴です。
足利銀行のカードローンは最短翌日振り込みが行われる、限度額は10万円から最大500万円まで、融資利率は年利5.8%〜14.8%になります。
フリーローンと比較すると金利は高めではありますが、必要になった時に利用出来るメリット、繰り返し何度でも利用する事が出来るなどのメリットを持っています。
そのため、まとまったお金を一度に借りたい人はフリーローンを選ぶ、定期的に利用したい人や長く使いづけたい人はカードローンを選ぶなどそれぞれのニーズに合わせて選べます。