七十七銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

七十七銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

七十七銀行は、東北の最大都市でもある宮城県仙台市に本店がある大手地方銀行です。
ちなみに、七十七銀行の名称は国立銀行として77番目に設立が行われた事に由来していると言われています。
東北の中では最大手などからも、宮城県の仙台市内には多くの店舗を持ち、宮城県外にも福島県や大阪府、名古屋市などにも店舗展開を行っています。
尚、東北エリアの地方銀行の中で、名古屋や大阪府などに支店を持つのは七十七銀行のみと言われています。
七十七銀行のローン商品には住宅ローンやカードローン、暮らしアップローン、77スマートネクストな度のが用意してあります。
暮らしアップローンは利用者のライフプラン、利用目的に合わせて選べるローン商品の総称で、ローン商品にはマイカープランや教育プラン、フリープランを用意しています。
マイカープランはマイカー購入の他にも、車検や修理・教習費用、他行などの自動車ローンの借り換えなど幅広い用途で利用が出来ます。
教育プランは入学金や授業料、下宿やアパート入居費用、教科書代などに利用が出来る他、他の金融機関などで利用している教育ローンの借り換えなどでも利用する事が出来ます。
フリープランには一般用、女性応援用、シルバー用の3種類が用意してあり、利用する人のニーズに合わせて選べます。
さらに、フリープランの場合は利用目的が問われないので、必要な事に利用出来るメリットもあります。
利用目的が問われない、好きな事に利用出来るのがフリーローンやカードローンです。
フリーローンはまとったお金を一度に融資して貰えるのに対し、カードローンは必要になった際にATMで現金を引き出してキャッシングが出来るなどの違いがあります。
七十七銀行には77スマートネクスト、77カードローン、77教育カードローンの3種類が用意してありますが、77教育カードローンは教育資金専用のカードローンになります。
資金使途が自由になるのは77スマートネクスト、77カードローンの2種類で、77スマートネクストは七十七銀行と取り引きがない人でも申し込みが可能で、ネット申し込みなら24時間、1年365日いつでも申し込みが出来るメリットもあります。
尚、ブラックお金借りる、時などいつでも申し込みが出来る77スマートネクストが便利だと感じるかと思われますが、ブラックリストに掲載してある状態では審査時に個人信用情報を照会した時点で審査に落ちてしまうなど、申し込みの記録だけが残るなどからも、情報が消えるのを待つのがお勧めです。
個人信用情報に記録してある情報は時間の経過と伴に自動的に消滅するため、消滅後の申し込みをお勧めします。
77スマートネクストは10万円から500万円の限度額を持つカードローンですが、銀行の中では珍しく、申し込み額は前年度の税込み年収の3分の1以内での申し込みが必要になっています。
これは消費者金融などの総量規制と同じようなイメージの融資額設定で、総量規制の場合は消費者金融などに対する規制になります。
七十七銀行は消費者金融ではないので総量規制の適用外になりますが、申し込みをする人の返済を考慮し、こうした配慮を行っているわけです。
前年度の税込み年収の3分の1未満の中で利用すれば返済が困難にならずに済むなど、カードローンを利用する時には自分の返済能力に見合う金額で申し込みをする事、返済計画をしっかりと立てる事が大切です。
尚、七十七銀行の77スマートネクストの申し込みが出来る人は、契約時の年齢が満20歳以上、70歳未満で、安定した収入を持ち、住まいの住所や勤務先の住所が七十七銀行の営業エリアの中にある、七十七銀行のカードローンを利用していない、エム・ユー信用保証株式会社の保証を受ける事が出来るなどになります。
すべての条件をクリアしている事が申し込み条件になっているので、事前に確認出来る部分は確認した上で申し込みをする事が大切です。
尚、77スマートネクストの申し込み額は10万円から最高500万円まで、税込み年収の3分の1未満になるわけですが、申し込み額は10万円から130万円までは10万円刻み、150万円、180万円、200万円、250万円、以降300万円からは100万円刻みで合計20種類の中から選んで申し込みを行います。
審査結果が分かると契約を結ぶ事になりますが、契約時には運転免許などの本人確認書類が必要です。
審査結果に応じて、収入証明書の提出が必要になる事もあるので、事前に準備を進めておけば、契約をスムーズに行えます。
契約書が七十七銀行に届いた後は、本人確認や申し込み書内容の確認などの目的で在籍確認の電話連絡が入り、これが完了すると契約書が受理され、融資の実行になります。
ちなみに、七十七銀行の普通預金キャッシュカードを持っている場合、健康保険証や本人確認書類の提出が不要になるなどの特例もありますが、収入証明書類については審査結果に応じて必要になる事もあるので用意しておきましょう。