荘内銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

荘内銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

 

荘内銀行は、山形県鶴岡市に本店がある地方銀行で、鶴岡市や酒田市の指定金融機関の役割を持っています。

 

荘内銀行は山形県を中心とした営業エリアを持ち、宮城県や福島県、秋田県などの東北エリアと東京都にも店舗を置いています。

 

東京都内には、東京支店として中央区に1店舗、江戸川区や板橋区にそれぞれ1店舗、東京の武蔵野市にも1店舗が設置してあります。

 

東北エリアに住んでいた人が東京への引っ越しをした時でも、そのまま利用が出来る便利さを持つ地方銀行と言えましょう。

 

尚、荘内銀行は住宅ローン、目的別ローン、フリーローンやカードローン、その他の各種ローン商品を取り揃えています。

 

各種ローンの中には、旅先で色々な場所に出掛けてみたい、子供の結婚費用、孫の教育資金などを支援したい、住み慣れた我が家をバリアフリー化して、ゆったりと過ごしたい、趣味の幅を広げて色々な事にチャレンジしたいなど、セカンドライフを応援してくれるリバースモーゲージを用意しています。

 

リバースモーゲージは、転貸資金を初め、事業資金や投機性資金、投資資金としての利用は出来ませんが、これ以外の使い道であれば資金使途が自由になります。

 

但し、利用時には使い道の確認を行った上で融資が実行されるのが特徴です。

 

予め設定した金額の範囲内で、いつでも利用が出来る、月々の返済は利息のみで、利用残高に応じた利息を支払う形になります。

 

尚、契約を行った人が亡くなった時には、自宅の売却、手持ちの資産などで借入れた残高を一括返済するローンで、所有している預金を崩すなどせずに便利に利用が出来る
ローン商品がリバースモーゲージの特徴です。

 

ちなみに、荘内銀行にはフリーローンやカードローンも用意が行われていますが、これらのローンもリバースモーゲージと同じく事業性資金として利用が出来ません。

 

しかし、荘内銀行のローン商品の中には、事業者応援ローン500が用意してあります。

 

事業者応援ローン500は、インターネットやファックスを利用して仮審査申し込みが出来る、来店不要なので仕事が忙しい個人事業主でも安心です。

 

事業性資金であれば使い道が自由になるので、ビジネスでは事業者応援ローン500を利用する、プライベートではカードローンやフリーローンを利用する方法もあるわけです。

 

尚、荘内銀行のフリーローンやカードローンは、ブラックお金借りる、などの場合審査は厳しくなります。

 

ブラックの状態は信用情報内に延滞や債務整理などの情報が明記されている、保証会社がクレジットカードなどを取り扱う信販会社や消費者金融になっているため、いずれかの
個人情報内に傷が付いている場合、信用調査で不利な状況になります。

 

但し、消費者金融の申し込み件数が多いなどの申し込みブラックの状態になっている場合や遅延をした情報が記録されている場合など、信販会社が照会する個人信用情報は
こうした情報が記録されていないので審査に通過出来る可能性があります。

 

荘内銀行のフリーローン、カードローンには幾つかの種類がある、種類に応じて保証会社が異なっています。

 

荘内銀行フリーローン1000・カードローン1000は最高1,000万円までの融資を受ける事が出来る使い道自由なローン商品です。

 

カードローン1000は、申し込み時の年齢が20歳以上、満70歳未満で安定した収入がある、荘内銀行の審査基準を満たされる、保証会社の保証を受けられるなどの条件をクリ
アしていれば、パートやアルバイト収入の人も申し込みが出来ます。

 

尚、カードローン1000およびフリーローン1000の保証会社はオリックス・クレジット株式会社になっているので、クレジットカードでブラックの状態になっていると審査に通過出来ない
ケースもあります。

 

他にも、新生フィナンシャル株式会社が信用保証業務を行っているカードローンもありますが、この場合は消費者金融の中で申し込みブラックなどの状態になっていると審査に通
過出来ないケースもあります。

 

 

いずれにしても、ブラックの状態は永遠に続くのではなく、一定期間が過ぎると消滅するなどからも、情報が消えた時点での申し込みが安心と言えましょう。

 

尚、申し込みを行うと仮審査が開始され、審査結果はメールや電話などで伝えてくれます。

 

契約を行う時には本人確認書類や健康保険証、場合によっては収入証明書を添付する必要があります。

 

さらに、契約の中では勤務先への電話連絡でもある在籍確認が行われ、申込書に記載してある会社に勤めている事が確認出来れば契約が完了となり、融資の実行などの流
れになります。

 

ちなみに、必要書類は運転免許証やパスポートなどの本人確認書類が必要になります。

 

しかし、自動車やオートバイなどを運転していない、海外旅行にも出掛けた事がないのでパスポートも持っていないケースもあります。

 

この場合は、住民基本台帳カードを利用する事で本人確認書類として認めて貰えるため安心です。