北都銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

北都銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

北都銀行は、秋田県秋田市に本店がある地方銀行です。
北都銀行では秋田県内に住む人々などのためローン商品と秋田県内で事業を展開している会社や個人事業主のための資金調達可能なローン商品を数多く取り揃えています。
尚、北都銀行は秋田県を中心としたエリアに店舗展開を行っている他にも、県外では山形県や宮城県、東京都にも店舗を置いています。
目的や利用する人に応じてホームページ内で案内を行っているのが特徴です。
個人の人が利用出来るローン商品は、住宅ローンやリフォームローン、教育ローンやマイカーローン、目的が自由のカードローンやフリーローンがあります。
さらに、アパート経営を目的として利用可能なアパートローンも用意しています。
アパートローンは証書貸し付けで、まとまった資金を借入出来ます。
満20歳以上、満65歳未満、完済時の年齢は80歳以下です。
カードローンやフリーローンなどの場合は、担保や保証人が要りませんが、アパートローンは抵当権を設定する形で担保が作り出されるのが特徴です。
融資対象物件と土地に対し、保証会社が第一順位の抵当権を設定します。
保証会社は申し込み者の代わりに債務支払いを行う役割を持つもので、アパートローンを利用している人が返済出来なくなった際には北都銀行に対して保証会社が弁済を行い、債権回収の目的で、第一順位の抵当権を行使し、資金回収を行うなどの流れで処理が行われます。
尚、これは住宅ローンの場合も同じで、高額融資などの場合は担保が必要になるわけです。
これに対して、フリーローンやカードローンはお金を自由に使える上、担保や保証人を必要としないメリットを持ちます。
しかしながら、返済能力を超えた申し込みは審査に通過出来ないだけでなく、審査時に利用が行われる個人信用情報の中に傷を付けてしまう結果になります。
申し込みを行うと同時に記録が残るのが個人信用情報です。
短期間に数社に申し込みを行う、4社や5社に申し込みを行うなど、次々と審査に落ちてしまうなど、申し込みブラックの状態になります。

申し込みブラックは状態の事を意味しており、個人信用情報内に申し込みブラックなどの記載が行われるわけではありません。
ちなみに、ブラックお金借りる、などと言われているブラックについても、ブラックリストが存在しているわけではなく、延滞や自己破産などの記録が個人信用情報に残される事を意味しています。
いずれの場合も、ブラックの状態は個人信用情報への傷が付いてしまう事になるわけです。
北都銀行には北都フリーローン1000と北都カードローン1000の2種類のローン商品を用意しています。
どちらも似たようなネーミングが付いていますが、フリーローンは証書貸付で、1度にまとめて融資をして貰うローン商品、カードローンはカード型のローン商品で、利用枠内であれば繰り返しお金を借りる事が可能、お金が必要な時にはATMを利用して現金を引き出して使うなどの違いがあります。
フリーローンはまとめて融資を実行するなどからも、カードローン金利よりも低めに設定が行われているケースが多くあります。
北都フリーローン1000は、10万円から最高1,000万円までで1万円単位、金利は固定金利型で、年利3.5%〜13.5%になります。
これに対して、北都カードローン1000は、10万円から最高1,000万円までになりますが、10万円型や100万円型、1,000万円型などのように、一定額での融資を行うのが特徴で、10万円から1,000万円までの中に14種類のコースを用意してあります。
金利は固定金利型で、年利3.5%〜13.5%になるなど、北都銀行においてはフリーローンとカードローン金利を共通にしています。
ちなみに、北都銀行のカードローンとフリーローンは申し込み額がコース型になっているか、1万円単位になっているかの違い、返済方法の違いがあります。
カードローンの返済方法は、借入残高に応じて決められた金額を支払う方法で、返済日前月末日の借入残高が30万円以下の場合は5千円、100万円超200万円以下の場合は2万円などのように金額が定められています。
フリーローンの場合は、元利均等返済で返済期間に応じて返済額が異なります。
尚、カードローンを利用してブラックお金借りる、審査に通過出来るのかなど疑問に感じる人も多いのではないでしょうか。
ブラックの情報は永久的に残るわけではなく、一定期間が過ぎると情報が消えるので、消えた時に申し込みを行えば個人信用情報には問題がない申し込み者などの判断が行われます。
北都銀行のカードローンやフリーローンは北都銀行だけでなく、保証会社も審査を行うので、クレジットカード、消費者金融、銀行などのいずれかで申し込みブラックになっていると融資を断れるケースがあります。
申し込み情報は数か月後には消滅すると言われているので、情報が消えた時点で申し込みを行う、勤務先の在籍確認の連絡が入る事で審査に通過しやすくなります。